とくしまの農山漁村とは

ふるさと応援すだちくん

徳島県の面積の約9割を「中山間」と呼ばれる地域が占めています。

その中山間地域を含む「農山漁村地域」で営まれる農林水産業は、
豊かな自然環境の形成だけでなく、やすらぎ空間を提供し、地球温暖化防止にも貢献するなど、重要な役割を果たしています。

一方、多くの農山漁村が、過疎化・高齢化により、
コミュニティ機能が低下し生活できなくなるなど、深刻な問題が懸念されています。

そこで、農山漁村地域の活性化を図るため、棚田ネットワークの設立、協働活動の実施、
住民による計画づくりなどに取り組んでいます。

このホームページでは、徳島県の農山漁村地域について情報発信していきます。

令和3年3月までの記事はこちら:『とくしまの棚田』

トピックス

  • とくしまの棚田

    棚田は農作物生産の場であるとともに、土砂災害や洪水の防止、水源の涵養や景観保全といった多面的機能を有しており、県民共通の財産です。
    県内75か所の棚田について調査し、棚田の魅力を発信しております。
    詳しく見る

  • とくしま棚田ネットワーク

    棚田地域振興法の施行を契機に、棚田地域における保全活動や、活性化に関する取り組みの情報の共有化を図り、多様な主体の連携と協力を促進し、棚田地域の振興を図ることを目的として、「とくしま棚田ネットワーク」を設立いたしました。 詳しく見る

  • フォトコンテスト

    中山間地域の姿を伝える写真を通じて、多くの人に“ふるさと徳島”を見つめてもらうことを目的としてコンテストを実施しています。 詳しく見る

  • 各種支援事業

    徳島県では、農山漁村地域の活性化のために各種支援事業に取り組んでいます。 詳しく見る

  • むらのたから

    徳島県では、県内各地の特徴ある豊かな「農林水産業」や、それにまつわる伝統的な「食」、「景観」、「伝統行事」などの「むらのたから」を認定しました。 詳しく見る